• 相続放棄の手続きはどうやる?

    相続とは被相続人の遺産を取得することを指し、相続放棄とはその権利を放棄する事を言います。


    相続放棄は、主に被相続人の財産より借金が多い場合や連帯保証人である場合など、相続によって損をしてしまう場合に行われるケースと、親族同士で揉める事を避ける、あるいは節税などの目的で行われるケースがあります。



    放棄をする為には、家庭裁判所に相続放棄の申述をしなければいけません。


    この手続きには、申述書や申述人の戸籍謄本、被相続人の住民票除票などの書類が必要で、家庭裁判所の意思確認が終わり申述が受理されると申述受理通知書が送付され手続きが完了します。

    知って納得のgoo ニュースのクチコミ情報を求めています。

    なお、放棄の手続きは被相続人が死亡してから(相続が開始してから)3ヶ月以内に行わなければいけません。もし、期限を過ぎた場合は、全ての財産と債務を相続する単純承認したものとみなされます。


    ただし、その期限までに放棄するかどうかの判断に必要な資料を集められない時は、期限の伸長を家庭裁判所に申立てることができます。また、相続放棄は家庭裁判所の審判を受けるため、撤回することは基本的にできません。しかし、詐欺や脅迫などにより手続きを行った場合や、相続放棄の前提となる事象が変更された場合などでは、放棄を取り消すことが可能です。



    その場合の手続きも放棄と同じく家庭裁判所で行いますが、詐欺や脅迫では追認が可能となってから6ヶ月を経過した場合、あるいは放棄してから10年を経過した場合は、時効により取り消す事はできません。