• 相続放棄に必要な手続きって何?

    相続放棄とは、相続人が被相続人から取得できる相続財産を取得せず、その権利を放棄する事を言います。

    相続財産には、現預金、不動産などの財産と、ローンなどの借入金、未払いの税金、保証債務などの債務があり、相続放棄は、財産より債務の方が多く、相続財産を取得するメリットがない場合、あるいは特定の相続人に取得させる場合などで行われます。

    相続放棄の手続きは、家庭裁判所に放棄の申述書を提出します。
    必要書類は、申述書、被相続人の住民票除票や戸籍謄本、申述人の戸籍謄本のほか、相続人の順位によって親族の戸籍謄本が必要となり、それらを800円分の収入印紙や連絡に必要な切手と一緒に提出します。

    申述書を提出すると、家庭裁判所から照会書などで意思確認をされます。家庭裁判所の判断で面談を求められるケースもあります。



    そうした確認が終わり、申述受理通知書が送られてくると手続きが完了した事になります。注意点として、相続放棄は被相続人の死亡を知った時(相続が開始された事を知った時)から3ヶ月以内に手続きを行わなければ、財産や債務の全てを取得すると見なされます。



    葬儀や法要、書類の準備、被相続人の住所を管轄する家庭裁判所での手続きなど、期限に間に合わなくなるケースは少なくありませんので、事前の準備が大切です。



    なお、相続や放棄の判断に必要な資料等を3ヶ月以内に揃えられない時は、家庭裁判所に期限の伸長を申立てる事ができます。どうしても間に合わない時は、弁護士等に相談して、申立てを行いましょう。