• 相続放棄の手続きをせず相続人の一人が相続する方法

    夫婦の一方が亡くなった場合には、夫婦の残された一方とその子どもたちが、被相続人の遺産を相続することになります。けれども、たとえば長く連れ添った夫婦の一方である夫が亡くなった場合、残された妻に少額の年金収入しかなく、マイホームを売却して相続人で分配してしまったら、住むところもなくなって、生活することが困難になることも考えられます。


    そこで、子どもたちが母親に遺産をすべて相続させたいと、相続放棄の手続きをおこなったら良いと考える場合もあるでしょう。



    相続放棄の手続きというのは、日常生活でも、ドラマなどでもよく耳にする言葉なので、相続放棄の手続きさえすれば、一件落着になると考えるのかもしれません。
    しかし、ここに相続人たちが想像したものとは違った、ちょっとした落とし穴があることをご存知でしょうか。

    実は、母親のために子どもたち全員が相続放棄の手続きをおこなうと、もしも子どもたちに子どもがいる場合、相続の権利がそちらに移ってしまうのです。

    そうなると、今度は子どもたちの子どもたち、つまり孫が相続放棄をしなければならず、面倒な話になってしまいます。

    あなたの探していたgoo ニュースの情報サイトはこちらです。

    そこで、そのようなややこしい手続きをしなくても、もっと簡単に母親一人に遺産を相続させられる良い方法があるのです。



    それは、遺族で話し合って遺産相続協議書を作成するときに、母親が100%の相続をし、子どもたちが0%で相続すると決めることです。
    そうなると、結局母親一人がすべての遺産を相続したことに出来るので、非常に簡単です。