日本では水道設備が全国規模で整っており、それゆえに水の使用に関してはとても便利かつ快適で、毎日調理や洗濯、トイレやお風呂などで水を使用しています。

もっともそんな便利な状況も、災害や劣化などによって水道管にトラブルが発生すれば一変し、水を使えずに不便かつ苦労する事態に陥るケースもあります。そんな水道管のトラブルの際に工事をするとなれば、かつては工事中は水の使用が禁止され、長時間になると給水車などが出動することもよくありました。もっとも今ではそんな不便なデメリットを克服した新しい工法も誕生し、注目度が高まっています。それこそが不断水工法で、不断水工法はその名の通りに水を止めることなく水道管の工事が可能な工法です。

そんな不断水工法には分岐工法と凍結工法の二種類が存在しており、そのどちらもが水の流れを止めずにそのままの状態で配管工事が可能な技術となっています。分岐工法については割T字管と仕切弁を使用し、穿孔機で穴を開ける工法です。一方の凍結工法は、液体窒素を使うことで作業箇所の両端を凍結させ、バルブの代わりにする工法となっています。

ちなみに不断水工法でない従来の水道工事では、基本的にバルブを動かすことで水の流れを止めていました。その際、バルブに付着していた赤さびが剥離するため、作業後には清掃が欠かせませんでした。さらに工事付近にバルブがないところでは広範囲で断水を実行する必要があり、周辺住民への事前告知や給水車も用意していました。けれども不断水工法ならばこういった事柄も必要なく、時短かつコストも抑えての作業が可能であり、メリットも豊富です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *