配管工事を施工するときには、不断水工法を取り入れるとスピーディに工事を進めることが可能です。

昔はバルブを取り付けたり配管を分岐させるためには、配管の中の水流を断水させて作業が進められていました。断水をすると色々な作業をする必要があり手間が発生しますし、配管工事そのものの工期が長引いてしまうのです。不断水工法を取り入れると配管の中を掃除する作業など色々な作業が省ける上に、配管工事そのものの工期を短縮させられます。準備なども含めた全体的な工期が縮められると、人件費などの経費を抑えることが可能だという魅力があります。

元々、不断水工法は水道管にバルブや分岐管を取り付けるための工事方法として考案されました。今では、下水の配管工事にも取り入れられているのです。配管の中の水流を断水させることなく工事を進める、幾つかの種類の工事方法があります。穿孔機に搭載されたドリルを利用して、すでに設置されている配管に対して穴を開ける方法は分岐工法です。

分岐工法で使うのは穿孔機だけではなく、仕切弁と割T字管なども必要になります。仕切弁を開いた状態でドリルを回転させて穴を開け、穴を開けたときに生じる切り屑は水圧によって排出されて穿孔機の中に収納される仕組みです。穴を開けたら、仕切弁の先端に新しいバルブや分岐管を取り付けます。液体窒素を使って、配管が壊れた部分の両端を凍らせるのは凍結工法です。凍結工法は凍っている場所がバルブの役割を果たし、部分的な水流を停止させて工事を行うことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *