普段の日常において、水道管の配管工事は様々な場面で行われています。

新規住宅や店舗、商業施設の建設に伴うものや経年劣化した配管を取り替えるなど、毎日行われていると言っても良いでしょう。一昔前であれば配管工事を行う際に水の流れを止める必要があり、工事を行う周辺の住民に断水の知らせを事前に伝える必要がありました。中高年の方で断水の知らせがよくポストに入っていたという記憶をお持ちの方もいるのではないでしょうか。しかし、現在においては配管工事に伴う断水を行う必要はなくなりました。その理由は不断水工法が主流になったからです。

不断水工法は、水の流れを止めずに配管工事が行える工法の事です。はじめは上水道の配管工事において使われるようになり、今では下水道工事でも採用されています。不断水工法には分岐させるタイプと凍結させるタイプの2種類が代表的なものとなっています。分岐させるタイプは、既設管に穿孔機のドリルで穴を開けるものです。

凍結させるタイプは液体窒素を使って工事箇所の両端を凍らせるもので、バルブがない場所でも作業が可能です。営業時間中の大型商業施設でフロア毎に配管工事を行う際に、重宝されています。不断水工法が主流になった事で、私達の日常生活において断水するという事はほぼなくなりました。工事を行う側にとっても工事後に配管内の清掃を行う必要がないというメリットがあります。また、工事期間自体の短縮や周辺住民への断水対策を行う事もないため、人件費の削減に繋がっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *