不断水工法とは断水せずに水道工事を行う工法です。

かつては配管工事を行うために、古いバルブを動かして既設管内の水流を止める必要がありました。断水に伴って、近隣住民への告知作業や給水車の手配をしなければならず、また住民は貯水の必要がありいくつもの手間が生じます。さらにバルブを動かしたことによって、そこに付着していた錆が水に混ざってしまうなど衛生面での懸念もあります。これらの手間や懸念事項は全て不断水工法を取り入れることによって一気に解決されます。現在ではこの工法が一般的に取り入れられるようになり、工事による断水等はほとんど無くなってきています。

不断水工法は水道管を止めることなく、既設菅から分岐菅を分岐、接続する方法をとります。具体的には分岐工法と言って、特殊な形状のT字菅と仕切弁を取り付け、専用の穿孔機と呼ばれるコアカッター状の機械で穿孔していきます。この時切削される既設菅の菅片は水圧で穿孔機側に押され、切りくずと共に穿孔機内に取り込まれます。

この方法をとることで、T字菅を挿入し接合する手間が省け、洗浄廃水なども不要なので工事や工期の削減、短縮につながります。錆が水に混じることもないので衛生面においても対策や処理の手間が省け、近隣住民は工事中も工事後も安心して水道を使用することができます。水道管は徐々に古くなっていくものですので、計画的に工事が行えることは水道の維持においても非常に有効的だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *