水道の蛇口をひねると水が出るのは水道管を使って水を送っているおかげで、この水道管も長く使用していると破損して水漏れを起こしたり、サビや腐蝕や内部にゴミや汚れなどでの詰まりなどを起こします。

この時の修理は配管の交換などを行いますが、そのためには水道の水を止める断水を行わなければなりません。この断水を行わず工事を実施する方法が不断水です。断水は家やビルなどの建物全体の小規模のものから外部にある配管の工事で一定地域の全世帯が水道がつかえなくなる大規模なものがあり、多くの方が迷惑を受けます。

この不便なく修理を遂行できるのが不断水工で、この工法の基本はまず既設している水道管を覆うようにT字管を取り付け、そこに仕切弁と穿孔機を設置します。そして穿孔機を回すようにカッターで水道管に穴を開け、仕切弁を閉じて穿孔機を取り外した状態で作業を行うもので、水の流れを止めることなく作業を実施します。不断水のメリットは断水を行わないだけでなく、水道を使用する方の健康にも関与していることです。

わずかな間でも水道の流れを止めて再開すると、管内に溜まっていたサビや汚れ、ごみが流れ出して水道から濁った水が出ることがあります。また目にはめないけれど、汚れに付着していた有害物質が水の中に混入し、この水を食品を取り扱っている工場などで使用すると多くの人の体内に取り込まれることもあり、断水を行わないことで普段と変わらない清潔な水を使用し続けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *