不断水工事をする場合に、水道の水を停止せずに工事ができるメリットがあります。

多くの人は水道工事の間も水が止まらないのが当たり前だと思っていますが、昔は工事期間中は、断水になることが多かったです。最近でも、たまに「断水のお知らせ」という通知が回ってくることがあります。これは住民にとってその間、水を利用できないという不利益を被ることになるのです。もちろん、住民によっても業者にとっても不断水はお互いに好都合な手法であることは間違いありません。ただし、気を付けなければならないのは、工事をしている時に濁った水が出てくることもたまにはあります。

すぐに気付くような汚れであれば気が付いて飲むのを控えるのですが、少しの濁りであればそのまま気づくことなく水道水を飲んでしまうことがあることです。人の生活に重要な生活用水ですから、不断水工事は便利な工事であっても、このような事故が起こらないとは限らない安全面での対策も考慮しておくことが必要になります。

不断水工事を行うときは、事前に水道工事をするので「水が濁ることもあります」という告知をすることが大切です。業者の側も水道という公共事業に関する工事を行うわけですから事前に段取りを決めておいて、濁り水の原因となる要素が発生しないように一つ一つの工事を慎重に実施することが大切になります。慢心して水道水に影響を及ぼすことは、住民とのトラブルに発展するだけでなく工事の信頼性を損なうものであることを意識することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *