不断水とは、水道管工事に用いられる工事方法のことをいいます。

水道管内の流れを止めずに、水道管の分岐配管工事を可能にした画期的な工法です。最近では、一部の地域を除いて、ほとんどの水道管工事で不断水工法が行われています。水道管工事をするために断水することがほとんどなくなっているので、地域住民の生活を制限する必要がありません。不断水工法が用いられる前は、水道管工事は手間と時間のかかるものでした。なぜなら、断水する旨を地域住民のお知らせしなければなりませんでしたし、断水している間の対処として給水車を手配する必要があったためです。

他にも、配管工事の後に既設水道管の中を掃除する必要もありました。工事中に水道が使えないのは、その地域に住む住民に大きな迷惑がかかります。作業後は各家庭の蛇口から汚れた水が出ることも、断水工事のデメリットの一つです。しかし、不断水工法では、断水工事によって発生する問題点をすべて解決することができます。

水を止めずに作業ができるため、地域住民に何ら影響を及ぼしません。作業面では、水道管工事のお知らせや給水車の手配が不要となります。工事後の掃除もいりません。そのため、工期が短くなり人件費がカットできます。不断水工法では専用のヤノT字管や仕切り弁、穿孔機などが用いられます。工事部位によっては超低温物質を用いた方法が行われます。超低温物質を用いる方法は、部分的に断水を起こすことになりますが、地域住民には全く影響を与えません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *