断水は水道設備工事を行う時に起きるもので、普段の生活の中では断水になると非常に困ると感じる人も多いと言えましょう。

水道設備は金属製の配管を使って供給されているわけですが、金属は水などでの腐食が生じて錆が発生します。水道水には不純物が含まれている錆も混入しているなどと言われているわけですが、錆はそのまま放置しておけば穴を開けたりひび割れを引き起こしたりしてしまい、そこから水が漏れ出してしまうなどのデメリットを持ちます。地中に埋まっているため気が付かない場合もあるかと思われますが、設備を使う上でのメンテナンスは欠かせません。

水道設備工事は従来であれば断水が当たり前でしたが、現代は不断水の状態で工事ができます。不断水は文字通り通水した状態を意味するもので、水道管を新しいものに換える時にも水は流れたままになるなどの特徴を持ちます。しかし、水道管を外せばその先には水が流れなくなる、通水状態にならないのではないだろうか、こうした疑問も出て来るのではないでしょうか。

不断水の工事は既存の配管を最初に外すのではなく、新しい配管を設置してから通水状態を維持し、古い配管を外すやり方です。仕組みとしては、新しい水路を最初に設けるためのバイパス工事を行う、通水が確認できた段階で従来の水路に弁を取り付けてから古くなった設備を取り外す、こうした流れで行うのが不断水による工事手法です。尚、不断水のやり方は様々であり、年々技術が進化し続けています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *