普段から使っている水道水が突然使えなくなるととても不便な思いをしなければなりません。

手を洗うことが出来なくなり、衛生面で問題が生じますし、食事にも影響が出てきます。調理をするにも水が必要になることは多いですし、食べ終わった後にも食器類を綺麗に洗うことが出来ません。他にも日常生活の多くのことに支障をきたすことがありますが、中でも一番問題になるのが水洗トイレでしょう。小の方なら流さないという方法でも対応出来ますが、大の方だと臭いが大変になります。そうなるとゴミ袋などに受けて捨てるといった方法にせざるを得なくなりますが、それで対応出来ても手が洗えないので衛生面はもちろん、綺麗好きな人ならその後ずっと気になってしまうかもしれません。

水が使えなくなるいわゆる断水となってしまう原因には、自然災害や日照り続きで起こる渇水などがあるでしょう。こうなると給水車などが出て対応してくれたりもしますが、とても不便な生活を強いられます。その他にも水道管工事などがあります。この場合は、夜のうちに実施するなど、一般家庭への影響が少なくなるように配慮されていますが、それでも夜中にトイレにいくこともありますし、また夜勤の人がいる家庭では困ります。

さて、その水道管工事ですが、断水をせずに行う方法はないのでしょうか。実はそういった方法はあり、現在では不断水で実施することも出来るようになっています。不断水とは読んで字のごとくで断水しないという意味です。不断水工法といった工事方法があり、水道水の供給に影響を及ぼすことなく工事を完了することが出来ます。現代では水道水は24時間使えて当たり前になっているので、この不断水工法はとても有用です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *