世界中を見渡しても、日本の水道技術は高水準だといえます。

なぜなら清潔度の高い水が、蛇口をひねれば場所を問わずに使えるからです。そんな蛇口をひねれば水が出る環境を手助けしている技術として、水の供給を妨げることなく工事ができる不断水工法が挙げられます。不断水工法というのは、簡単に言えば水の配管などすべてを取り外すことなく蛇口設備を設置することによってすぐに水を使えるように出来る技術のことです。不断水工法ができる以前の水道工事は、老朽化して使えなくなった水道設備を壊すために配管を取り除く工事や供給元に頼んで送られてくる水を一々止めないといけないなど手間がかかっていたのです。

さらに一度止めてしまった水は、再び供給されるまでに時間がかかってしまうのですぐに使いたいという時にマイナスに働きます。これまでの水道工事はこう言ったデメリットがあったのですが、それを解消したのが不断水工法です。その仕組みというのは水を供給したまま、簡単に言えば水が流れないようにヤノT字管という特殊な配管を取り付けて水の流れをシャットアウトする弁や穿孔機を取り付けます。

穿孔機を取り付けが成功したら、弁を開けて奥にある配管に穿孔機を使って配管を砕いて穴を開けるのです。穴を開けたら穿孔機を元の位置に戻して弁を閉じた後に、穿孔機を取り外し蛇口の取り付けなど分岐配管を行い通水して完了です。これまではすべて取り外してから設置するしかなかったのですが、この方法がとられることで水の供給を止める必要が無くなりすぐに使えるようになったので利便性が向上する効果を発揮します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *