ある一定の年齢以上の人ならば、時々町の中に給水車がやってきて、水を各家庭に給水していたなどという光景は誰にでも覚えがあるかもしれません。

それから、ある日近所のさまざまな場所に貼られた、「いつからいつまでは断水になります」という貼り紙を見たことがある人も多いでしょう。これはみんな、水道工事を行うためにされたことです。現在ではこういった貼り紙や給水車等を見掛けることはほとんどなくなったと言っても良いでしょう。なぜなら技術の発達により、現在では水道を工事する際にいちいち水を止めなくても良い方法で工事が実施されているからです。不断水工事のメリットは大変大きなものです。

工事の範囲に引っ掛かる家庭の断水をしなくても良いため、給水車も工事を予告する貼り紙も必要ありません。こういったものを準備するのには、当然のことながらお金がかかります。ですから、不断水で水道工事を行うことが出来るということは、経費削減という点から見ると多大な貢献をしていることになります。しかし、不断水工事にもデメリットはあります。

工事をしている間も家庭の水は流れているわけですから、誤って有害物質が混入されたとしても、その水は家庭用の蛇口までそのまま流れて行ってしまいます。そしてそのことは、水道の水を飲んでしまった人の健康を脅かすことに繋がります。ですから、不断水工事を行う際にはその作業に熟練した作業員を配属する必要があります。一歩間違えれば一般の人々の健康被害に繋がってしまうことは、メリット満載の不断水工事のデメリットであるということが出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *