水道管の配管工事をする場合、以前は水道管の本管から分岐管を取り出すためには断水して工事を行う必要があります。

水道管から分岐管を取り出したい場所の近くに既存のバルブがないと広範囲に渡って断水をする必要がありました。この問題を解決するために開発されたのが、不断水と呼ばれる方法です。不断水とは、水の流れを止めないということを指しています。この工法は水の流れを止めることなく既存の水道本管から分岐管を接続することができます。昔の水道工事は断水し排水してから作業を行っていたため、工事途中に剥がれた赤錆などの異物が水道管内に入ってしまうことがありました。

そこで不断水で配管の増設や撤去などを行うことができるこの方法が開発され、現在では画期的な方法として広く水道工事に利用されています。不断水工法を使うと以前はたびたび起きていた断水による周辺住民への影響を根本的に解決することができます。私たちの生活にとって、水は欠かすことのできない存在です。

以前よりも人々の生活水準が向上してきた中で、大規模な断水をするというのは難しくなってきました。また、工場内の冷却施設などでも水が使われており、水道管工事のためたびたび断水してしまうとその日の作業に遅れが生じてしまい、私たちの生活だけでなく社会にまで影響を及ぼしてしまうかもしれません。不断水で行う工事は、人々が安心かつ安全に水を利用できるように開発された画期的な方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *