水道水は、配水所から高い圧力を掛けられて各家庭や事業所などに送られます。

このために水道水は何らかの原因で水道管に傷や破損が生じた場合には、その部分から吹き出すという特性があります。自然災害や人為的な工事ミスで水道管が破裂した時の猛烈な水の吹き出す場面などは、ニュースなどの映像で目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。工事を行う場合には水道水の噴出を防ぐために、供用中の水道管を特定の部分のみに限り流れを遮断し、全体的な通水状態は確保したまま施工できるようにする工事方法が「不断水工法」です。

この工法は、上水道だけでなく圧力をかけて処理場に送られる下水道にも採用されるようになっており、さまざまな場面において採用されています。日常生活に欠かすことのできない各種水道をストップさせることがないために、工事に関するコストの圧縮や工期の短縮を実現できる工法としても注目を集めています。水道管の分岐を行う場合には、通常は近隣のバルブを閉じて全体的な断水状態で施工することとなりますが、不断水工法を採用する場合には通水状態での施行が可能です。

工事終了後にも赤錆などの不純物を清掃する手間が省けることで、周辺住民や水道管利用事業者への迷惑をかけることもありませんので、水道工事の迅速化に大きく寄与すると考えて良いでしょう。これから不断水工事を計画されている工事責任者の方は、さまざまな情報を集めたサイトを閲覧するなどし、適切な事業者の選定につなげることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *