従来の配管工事は水の流れを止めて行っていますが、不断水工法は水の流れを止めずに配管工事を行うことが出来る技術です。

不断水には分岐工法と凍結工法があります。分岐工法は割T字菅と仕切弁、穿孔機を使い機械的に穴を開ける方法で、凍結工法は液体窒素で作業する箇所の両端を凍結させ、凍結部分はバルブの代わりとなります。どちらも古い配管を動かさず、水を止めずに作業をすることが可能です。不断水を使う前は、古いバルブを閉じて水の流れを止めて作業を行っていましたが、古い配管の中には赤さびが付着してることが殆どです。

配管を動かすたびに赤さびが剥がれて水が赤く濁るため、新しい配管にしても作業後には配管の中の清掃が必要でした。水を止めての作業は配管工事を行う広範囲のエリアで断水が生じ、周囲の住民に事前の告知をしたり、給水車を手配するなど様々な事前準備や手配が必要になりましたが、不断水での作業はそれらの付帯作業などが不要になります。

また、分岐工法も凍結工法も従来の工事よりも短時間で配管の工事を行うことができるのも特徴的です。告知などの付帯作業や、工事時間が短くなれば全体的な工事期間を短縮することが可能になります。不断水は、水を止めずに配管工事が可能になるため、工事期間が短縮し費用が削減できるなど業者にメリットがあるばかりではなく、配管工事を行うエリアに住んでいる住民にとっても、工事中の断水の心配がないなどメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *