ひと昔前までは水道工事があるときは断水を伴っていることが多かったので、住民側もいろいろと準備をしなければならず厄介なものでした。

断水中は水回りが使えなくなるので料理も出来ないし、お風呂やシャワーも使えないので、断水予定の時間以外で料理や、お風呂をすまさなければならなかったのです。家族が多い家庭では特に大変でした。しかし最近では、水道工事をしている最中でも水が使えることが多いです。もちろん、すべての工事で断水なしで工事を行っているわけではなく断水を伴う工事もありますが、多くの場合は断水なしで工事を行っています。

この断水を伴わない工事のことを、不断水工事と言います。不断水工事の良いところは、工事中であっても断水しないので日常生活に支障がほとんど出ないところです。このことは一般家庭だけでなく商売をしている人にとっても、とても大きな意味があります。飲食業を営んでいる人にとって断水をしてしまうと、お客さんに食事を提供できないし、食器洗いも出来なくなってしまので、商売どころではなくなってしまいます。

このように、今まで断水で影響を受けていた人たちにとってありがたい工法が不断水工事というわけです。ただし、不断水工事を行うときには、一般家庭などに水が供給されたままになっているので、工事を行う側は工事中だけでなく工事を行う前にも細心の注意を払うことが必要になってきます。不純物混入などが起こる可能性もあるので、工事側も使用者側も細心の注が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *