私たちの生活のとって住宅に引き込んでいる電気やガスや水道は、なくてはならないものです。

これらのインフラの住宅までの整備の恩恵によって安定して豊かな生活を送ることができます。これらのうち、どれかがひとつ欠けてしまっただけで住宅での生活に多大なる影響が発生してしまいます。建物を新築したり増改築する場合や、設備機器のグレードアップや更新を行う場合は、電気や水道やガスの容量やサイズのアップが必要になることがあります。電気は道路に設置されている電柱から架空配線で供給されていることが多いので、容量増強の場合も配線の引き直しだけで済みます。

ところが水道やガスでは、道路に埋設されている本管から分岐して住宅に引き込んでいる管の交換が必要になる場合があります。取り出し管の取り替えには、道路を掘削して分岐箇所を掘り出した上で、分岐部分から枝管すべてをやりかえることになります。道路上での工事のため、道路の閉鎖や配管工事中の断水など遮断行為が伴ってしまいます。

作業をできるだけ短時間で確実に行うことで、不要な交通規制や断水を防ぐことができます。これを実現するために用いられているのが不断水工事です。不断水工事は、水道本管に取り付ける分岐サドルによって本管を断水することなく枝管接続ができる工法です。不断水工事ならば工事が短時間で済むため、道路の交通規制は最小限で断水することなく作業を行えます。分岐サドルは各自治体の水道部局から認定されたものですので、安心して用いることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *