日頃の生活では水は必需品ですので、水が使えないととても不便となってしまいます。

水道工事を行う際は、かつては断水工事を行うことが多く、一定の時間は水が出せなくなっていました。一般の住宅では水は洗濯や入浴、炊事やトイレなど様々な場面で使うので、長時間の断水となると生活に与える影響は決して小さくはありません。そして、一般の住宅だけではなく商業施設や工場、医療機関の場合も断水となると正常な営業はできなくなりますので。多くの損失にもつながります。住宅に影響が出る水道工事が行われる場合は、事前に告知したり、時には給水車が用意されることもあります。

かつては大規模な断水を行うとなると準備も手間が掛かりましたが、現在では不断水工事が行われることが増え、生活への影響はあまり心配がなくなっています。不断水工事はその名前の通り、断水を行わずに工事を行うことを指します。不断水分岐工法は断水せずに既設管の分岐工事をしないので、断水に伴う告知や給水車の用意の必要がありません。

かつては分岐管や新たにバルブを設置する際は断水して工事を行っていましたが、水の流れを止めると赤さびが剥離して水が濁ってしまうという問題もありました。その点、不断水工事であれば赤さびの発生を防ぐことができますので、配管内の清掃や周辺の住民への対策も必要なくなります。不断水工事には凍結工法もありますが、これは液体窒素で配管内の水を凍結させます。凍結した部分はバルブの代わりに水を止めることができますので、建物の全館を断水せずに工事が行えるのがメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *