従来の水道工事は分岐管を取り出すためには断水を行う必要がありましたが、日常生活にも支障をきたしますし、地域住民に断水の告知を行うなど手間もかかっていました。

不断水工事はこういった住宅の生活水準の低下を解消し、工事時間も短縮できることで、工事費用を大幅に削減することができます。不断水工事は既設管内の水の流れを止めることなく作業を行う配管工事で、ドリルを使用して既設管に穴を開ける分岐工法や工事箇所の両端を液体窒素で凍結させる凍結工法などがあります。断水を行う工事の場合、内部に付着していた赤錆が剥離して水が濁ってしまいますし、配置した後に配管内の清掃が必要でした。

また広い範囲で断水が起こりますから周辺住宅への対策も必要になります。一方不断水工事は水の流れを止めずに作業を行うことができますし、赤錆の発生もありませんから工期も短く清掃や周辺住宅の対策などの付帯作業も必要ありません。高度成長期から張り巡らされてきた水道管は、劣化がすすみ修繕や交換が必要になっています。

不断水工事は水道管を通水しながら工事を進めることができますから、一般家庭や企業の生活にも影響を与えることなく作業を行うことができるというメリットがあります。現在生活インフラは曲がり角にきていますから、大規模施設でこのような不断水工事が使われるようになっています。断水が発生すると生活は大変不便になりますから交換・修繕が必要な時期になってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *