日常生活においてライフラインがスムーズであるありがたみは普段はあまり意識しませんが、やはりその中のひとつでも何らかの理由で使えなくなってしまいますと、生活に支障をきたしストレスを感じます。

これまでの水道管関係の工事の場合には、断水をしておこなうことが一般的でしたが、現在ではそうした工事による断水などはほとんどなく不断水工事が基本になっています。住宅地の生活のみならず、飲食店や病院などにおいては水が使えないということは非常にデメリットが大きいですので、何らかの対策をとっているようですが、やはり不断水工事でおこなってもらえるということは生活の流れを止めることがありませんので非常に有意義な工法であるといえます。

このような水を止めることなく工事をおこなえる不断水工事は、基本的に分岐工法と凍結工法の二種類のやり方がありますが、それぞれに特徴がありますので適した状況で活用されています。この不断水工事においては、住宅地などの生活だけでなく、その工事を請け負う業者にとってもメリットが大きくなります。

まずは住宅地を中心に断水のお知らせや告知などをする必要がなくなりますし、時間制限もありませんので時間に追われることなく工事を遂行できます。さらに給水車なども必要なくなりますし、断水の場合工事後に水道管の掃除が必要なのですが、それもおこなわなくてよいので、すべてにおいて時間と労力と費用の面で軽減させることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *