これまでの水道管関係の工事は断水が不可欠でしたが、最近では不断水工事が主流となっていますので、住宅生活などへの負担は非常に少なくなっています。

断水でおこなう場合には、事前に何かしらの方法で告知をおこなう必要がありますし、時間がかかるような場合には、配水車などを用意しなければならないこともありました。また住宅での生活だけでなく、多くの水がいる飲食店や病院などですともっと負担が大きくなります。そのためできるだけ早く工事を終わらせなければならないという工事する側にとってもストレスが大きかったのです。

また断水後は配管などに赤さびなどが付くことがありますので、掃除をおこなわなくては元通りに水を通すことはできませんでした。それらをすべて解決してくれたのが不断水工事ですので、不断水工事普及後は多くの人たちがその恩恵を受けていることになります。不断水工事によって、住宅地などへの事前のお知らせなどをおこなうという手間もなくなりましたし、配水車を用意することもありません。

また工事時間に関しても業者の都合でおこなえばよいので、時間が限られるといった心配もなくなりました。そのため生活者のメリットだけでなく業者にとっても時間や手間そして費用などを軽減することができるようになりましたので、双方にとって利点は大きいです。不断水工事は分岐工法と凍結工法がありますが、それぞれの特徴を生かして工事に用いられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *