今は断水せずに水道管を工事することが可能になりました。

不断水工事なら近隣住宅の住民の生活に影響しません。水洗トイレの水が流れない、事前に水を使う作業を済ませておいたり、必要量の水を浴槽に溜めておいたりしなければならないなどの不具合が生じないということです。また、給水車の手配も不要ですし、近隣住宅の住民に通知する必要もありません。分岐工法による不断水工事ではまずT字型の管の分岐したい部分に管やバルブを付けます。

その後、専用の穿孔機というドリルで管に穴をあけて元通りの位置に戻します。その際に管から水が溢れるため、バルブを締め付けます。一連の作業は短時間で終わりますから、人件費がそれほどかかりません。また、菅の清掃も不要です。従来の工事の場合、住宅の水道の蛇口から赤錆が混じった水が出ないよう綺麗に清掃する必要がありました。この工事の需要は住宅や介護施設などの増加にともなってますます高くなるでしょう。

介護施設や病院、飲食店や商業施設などが断水すれば、近隣で生活している住民に大きく影響します。不断水工事なら生活に影響はありません。紹介した分岐工法だけでなく凍結工法もあります。凍結工法では液体窒素によって作業部分の端を凍りつかせます。凍りついた所はバルブの役割を果たすので、離れた所やバルブがない所でも作業することができます。現在は分岐工法も凍結工法、どちらも上水道と下水道の両方に対して行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *