不断水工事とは、水の流れを止めずに配管工事を行うことです。

水を止めると赤錆が剥離して水が赤く濁るので、新しい配管やバルブを設置した後での清掃が必要になる、周辺住民が断水状態になり迷惑をかけるというデメリットがありました。不断水工事を行うときの工法は、大きく分けて分岐工法と凍結工法の2つがあります。分岐工法とは配管に穴を開けるもので、穿孔機のドリルを使います。ドリルで穴を開けたときに出てくる金属片は、水圧に押し出されて穿孔機に取り込まれる仕組みです。

凍結工法は工事する場所の両端を液体窒素で凍らせます。凍らせた部分をバルブ代わりにすることが可能です。部分的な断水は起こりますが、全体的には水が通ったまま工事作業をすることが可能です。もともとは上水道の工事に用いられていましたが、現在では下水道工事にも採用されています。分岐工法は1959年に開発された方法です。凍結工法はバルブがない場所でも作業ができるというメリットがあり、営業中の施設などでフロアごとに配管工事を行う際に適しています。どちらの方法も古いバルブを動かさずに工事ができます。

バルブがない場所で水を広範囲で止めてしまうと、配管以外の作業が大変になります。不断水工事は工事自体の時間も短いのが特徴です。何より近隣住民への対策、告知や給水車の用意が不要なので、工事時間を短くすることができます。人件費の軽減にもつながるので、不断水工事の工法は様々な配管工事で利用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *