不断水工事を行うと、従来の方法と比較して人件費などのコストを抑えることができます。

従来の方法では作業を行うために古いバルブを動かして既設管内の水の流れを止めていました。工事現場の近くにバルブがない場合は、広範囲に断水が生じることになります。そのため近隣の住民に告知したり給水車を手配したりする手間がかかりました。不断水工事であればそれらの手間を省略できます。配管工事を行うために古いバルブを動かすと、内部で赤錆が剥離して水が濁ってしまいます。

従来の方法では配管内の水が赤く濁るため作業後に清掃が必要になります。不断水工事の場合は、古いバルブを動かさずに作業を行うことができます。そのため赤錆が剥離して水が濁ることはありません。また作業後に配管内の清掃を行う必要もないので、工事期間を短縮できます。不断水工事の技術には分岐工法と凍結工法の2種類があります。いずれも従来の方法と比較して、短い作業時間で新たな分岐管やバルブの設置を行うことができます。分岐工法は穿孔機のドリルを使って既設管に穴を開けます。完全な通水状態を維持したまま作業が可能です。

凍結工法は液体窒素を使用してごく狭い部分に断水を生じさせます。全体的には通水状態を維持することが可能です。凍結工法では液体窒素で凍らせた部分をバルブの代用品として利用します。工事現場の近くにバルブがない場合や、壊れたバルブを交換する場合に便利な方法です。任意の場所で素早く作業が可能なので、大型施設で各階ごとに配管工事が必要な場合などに適しています。分断水工事は従来の方法と比較して作業時間が大幅に短くできるので、人件費などのコストも削減することが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *