一般的に個人の住宅で水道管の交換工事を行う場合は、一時的に水を止める断水措置を行ってから工事を行うことが多いです。

このような一般の住宅での交換工事のケースでは、交換する水道管も小さなものなので工事に掛かる時間や断水している時間はそれほど長くなりません。そのため事前の準備と断水する日時・時間の情報の伝達が上手く出来てさえいれば、大きな問題が起こる可能性は低くなります。しかし交換する水道管が大型で周辺地域一帯に水が通る水道管が広がっているようなケースでは、断水の時間も長くなってしまうので大きな不便が出ることが予想されます。

もし工場などが産業用途で使用している水道管の交換工事の場合には、工場の操業に大きな問題がでる可能性も考えられます。そのため可能な限り断水をしないで行える不断水工事の構築が必要となりました。不断水工事には主に、分岐工法とインサーティング工法と呼ばれるものの二つがあります。分岐工法は元々設置してある管に、T字型の管をバイパスとして装着する事で水の通り道を確保するというものです。

インサーティング工法は設置してある水道管に水を通したまま穴を開け、内部に弁やプラグを取り付ける方法となります。弁やプラグを取り付けた後にT字管などを接続して、既設管の穴開けを行います。その後分岐を取り外し、弁やプラグの調整を行う方法です。管の一部分だけを交換する場合に、効果的な不断水工事となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *