水道工事といえば皆さんはどういった方法が以前は行われいたかご存知でしょうか。

水道管は一般的に道路の下に埋められているのですが、そこから住宅やビルなどに分岐して水を供給しています。ところで例えば、新たに山などを切り開き、宅地開発などが行われた場合、そこには水道管が通っていないので、新しく引くことになります。その際、当然のことですが近くにある既存の水道管から分岐を行うことになるはずです。ですが、既存の水道管は昼夜問わず水が供給されています。家庭では夜間の使用量はぐっと減りますが、飲食店街などがあれば24時間営業しているところもあり夜も水道が必要になることもあるでしょう。

そういった事情があっても既存管から新たに分岐し新設管を取り付ける水道工事を行うには、断水をせざるを得ませんでした。既存管には物凄い水圧がかかっているので、何も対策をせずに分岐のための穴を開けたら一気に水が噴出してきます。ですので、水を止めて工事を行っていたのです。先ほど書いたように断水すると家庭や店舗などに迷惑がかかるのですが、実はそれだけでは済まなかったのです。断水を突然することは出来ないので、事前に告知が必要になります。それに断水をするには上流のバルブを閉めることになるので、その影響が及ぶ下流域全体に告知してまわらなければなりません。

またバルブを閉じたことにより錆が出て水が濁るので洗浄も必要になります。なので、告知にまわるのも大変、そして工事後の後始末も大変という状態でした。ですが、不断水工事の登場によりそれらが一気に解決しました。不断水工事とは文字通り断水せずに水道管の工事を行う方法です。先ほどの新たな宅地開発で分岐する際にも不断水工事を用いることが出来ます。ですので、不断水工事を行うと家庭や店舗に迷惑をかけることなく工事を済ますことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *