不断水工事というものをご存知でしょうか。

水道管からの分岐を作る際、それにバルブの交換などで行われます。不断水工事に必要なものは、分岐工事の場合、専用のT字管や穿孔機などです。バルブの交換の場合は、液体窒素とドライヤーかバーナーなどの熱源、それに新しいバルブです。それぞれどういう具合に作業するのかというと、分岐を作る方は、まずは設置したい部分の水道管を露出させます。分岐というのは、既存の水道管に穴を開けて新しい水道管を接続することです。新たな場所に水を供給したい時に行われます。さて、水の流れている水道管にそのまま穴を開けることは出来ませんから、水が噴出してこないような仕組みが必要です。それが先ほどのT字管に備わっています。

T字管は分解出来るようになっており、既存の水道管を挟み込むように取り付けます。ボルトなどでキッチリと締めた後に開いている口の所に穿孔機(穴をあける器具)を取り付けます。それも水が漏れない仕組みになっています。そして穿孔機のハンドルを回して水道管に穴を開けます。しっかりと密閉されているので、水は漏れ出してきません。開けた時に出る切りくずは水圧でT字管の方へ入るので水道水は汚しません。

穿孔機の先を引っ込めてT字管のバルブを閉めます。これで穿孔機を外して新しい水道管を設置し終わればバルブを開けて通水します。工事の間は断水することがありません。一方のバルブの交換では、液体窒素でバルブの直前と直後の部分を冷やして中の水を凍結させます。それにより完全に水を止めることが出来ます。そして、バルブを交換します。その後、熱源を当てて解凍します。これだと上流のバルブを閉めなくてもよく、特定の場所のみの断水で済むので、この方法も不断水工事の一つに含まれています。概ねこのようにして作業が行われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *