皆さんのご家庭で何月何日の何時から何時まで水道管工事で断水しますといった通知が来たことがありますか。

最近はほとんどないという人が多いかと思いますが、水道管に設置してあるバルブなどが老朽化すると、水漏れを起こすこともあるので、交換しなければならないこともあります。そういった時には断水が行われるはずです。ですが近年は不断水工事といったものが登場しており、バルブの交換などでも行われています。それは水道管の水を止める役割があるので、色々な場所に設置されていますが、普段は開いたままで閉じられることはありません。どういった場所に設置されているかというと、身近な所では、道路の下に埋まっている水道管から建物や宅地に水を供給する分岐管などにあります。建物を建て直す時などには、そのバルブを閉じればいいだけなので場所としては合理的です。

さて不断水工事が登場する前、そういった場所に設置されているバルブを交換すると言えば、水道管の上流に遡った所にあるバルブを閉じなければなりませんでした。そうなるとその建物だけでなくバルブの下流は全て断水を余儀なくされていました。とても広範囲になることもあり市民生活や店舗の営業、工場の操業にも影響が出るなどの他に、断水になる地域の家を一軒一軒まわって告知が必要となり大変な時間と労力が必要でした。

ところが不断水工事の登場によりそれが一変しました。というのは交換するバルブの前後の水道管の水を凍結させることで水を止めるのです。凍結している間に交換し、完了すれば温めて再び通水します。このような方法なので、上流のバルブを閉める必要がなく狭い範囲だけの断水で工事を完了することが出来ます。後、交換以外の水道工事では、どこも断水せずにする方法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *