水道工事を行なう際には枝管を取り出すために断水して工事を行なっているのが一般的でした。

その結果周辺の家屋や次g放射には断水することが余儀なくされるので、枝管を取り出す箇所の近くに既設のバルブが備わっていないと、広範囲に断水の影響が及ぶことがやむを得ない事態を招いていたのです。しかし高度経済成長を契機にして、平均的な瀬かつ水準が向上した結果、断水工事を行なうにはハードルが高くなってきました。そこで開発されたのが不断水工事になります。不断水工事とは、過去に設置された水道管を断水工事することなく分岐工事を行なうことを差しています。

水道を止める必要がなく、劣化した配管などを計画的に交換することができるので、現代での配管工事では主流の施工法になっています。工事途中に何らかの経路から異物が混入してしまうときれいな水が供給されなくなる恐れがあるものの、断水による住民からのクレームを防ぐことが出来るので、老朽化した水道管の計画的取り替えの必要性が増している今日ではその重要性が増すばかりです。

普段は耳にすることの無い工事方法ですが、現在社会では非常に意義の高い工事と言えます。現在では日常生活のためにも医療などのためにも、不断に清潔な水をいつでも大量に必要にしているからです。そのためには水道配管網の健全性を常に維持することはもはた不可欠の状況になっているのです。そのため不断水工事は今後も随所で実施される機会が増えることが予想されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *