水道の配管工事というと断水するイメージがありますが、不断水工事をすることで断水をせずに配管工事が可能になります。

不断水工事は既設管内の水の流れを止めることなく、作業を行う配管工事です。上水道の配管工事のために開発された技術ですが、下水道工事にも使われてる方法です。以前の配管の工事は、分岐管や新たなバルブを設置する際には水の流れを止めて作業を行っていたのですが、古いバルブを動かし水を止めると付着してた赤さびが剥離して水が濁るため、分岐管などを設置した後は配管内の清掃が必要で、工事現場の近くにバルブがない場合には、広範囲で断水が起こるため、周辺の住民への対策が必要になるなど工事以外のことでも負荷がありました。

不断水工事を行うことで、水の流れを止めずに作業ができ、赤さびがでることもなく、広範囲の断水が発生することもないため、周辺の住民への対策も不要になります。不断水工事には分岐工法と凍結工法の2種類があります。分岐は穿孔機のドリルを使い既設管に穴を開ける工法で、凍結は工事箇所の両端を液体窒素で凍結させて作業を行います。

凍結工法の場合は、部分的な断水は発生しますが、通水状態で作業をすることが出来ます。また凍結はバルブがない場所での作業も可能で、営業している商業施設などのフロアの配管工事を行う際に適した工法と言えます。不断水工事によって以前は断水をしていたような工事も、断水もないため周辺住民への付帯作業なく、工事自体の時間も短くできるため、人件費やコスト削減にもなる工事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *