普段何気なく利用している水道ですが、ひと昔前までは古くなった水道管を交換したり、水道管を清掃する際には断水せざるを得なかったため、人々の暮らしに多少なりとも影響を与えていました。

断水のお知らせが貼られていたのを覚えている人も少なくはないでしょう。しかし、現在では不断水工事といって水道の水を止めることなくそういった業務を行うことが出来るようになったため、水道工事の近隣に住んでいる人々でも普段通りの生活が可能となりました。以前は水道工事をする際には前もってその旨を伝え、断水となるために生活水の汲み置きをするなど生活の不便を感じたものですが、今では水道工事が行われていることに気づくこともないくらい、一般の人の暮らしへの影響はなくなりました。

不断水工事が実現されたことによる恩恵は、生活への影響がなくなったことだけではありません。水道水を止めなければ工事が出来なかった時代には、あらかじめ通達をしたり給水車の手配等も必要だったため、それに伴う費用や人件費もかかってしまいました。特に水を不可欠とする企業では大きな問題であったことは、想像に難くありません。

このように不断水工事は家庭レベルの暮らしのリズムを守るだけでなく、社会レベルでも大きく貢献しているということが出来ます。水道の蛇口をひねれば水が当たり前に出てくることにすっかり慣れてしまった近年、今一度改めて水というもののありがたさを考える事は非常に重要なのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *