私たちの日々の暮らしは、いくつかのインフラ(電気や水道、ガスなど)がベースとなって成り立っています。

その内のどれか一つでも欠けると途端に生活が不便になります。例えば、水は生命を維持するためにも必要不可欠なものです。これが欠けると生活どころか命も危なくなります。もちろん今の世の中ではそのような事態になった時には給水車が派遣され、全く飲めない、使えないといった状態になってしまうことはほとんど考えられません。ですが、不便になることは確かです。ところで、水が使えなくなるのはそのような時だけではありません。水道工事でも断水が発生することがあります。

そうなると工事期間は水が使えなくなり私たちの暮らしは不便な状態になってしまいます。ところが近年、不断水で水道工事が可能な方法が開発されました。すべての水道工事に適応出来るとはいきませんが、それで工事すると普段通りの暮らしが可能で、断水を意識することはありません。不断水の水道工事では専用の器具を使い、水道管の中の流水に影響を与えることなく分岐工事が出来ます。

それ以前の分岐工事では上流のバルブを止めて水圧を下げてから、工事を行い、完了すればバルブを閉じたことによって水道管内に出てきた錆を清掃しなければなりませんでした。そのため一晩中かけて工事や清掃を行う必要がありましたし、断水地域への事前の告知がとても大変になっていました。

それが不断水工事の登場のおかげで、そのような作業は必要なくなり、断水も起こらないといったいい事尽くめの工事方法なのです。このように不断水での水道工事は私たちの日々の生活をサポートしてくれているとも言える方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *