上下水道工事の為に上水道あるいは下水道が使用できない状況が時たま起こります。

工事をする場合事前に周辺に告知がありますがそれでもやはり不便をきたします。普段何気なく使用している水道水や下水もいざ使用できないとなると私たちの生活にどれほど重要なかかわりを持っているのかを痛感させられます。工事作業をしている設備屋も戸建住宅一軒だけで済むのであれば施主に我慢していただくことで作業を進行することができますが、集合住宅となると作業前に断水、あるいは下水道の使用ができない時間帯を周知しなければなりません。

事前に連絡をしていてもクレームを言ってくる人もいますのでそれだけ生活の中で上下水が使用できないというのはストレスになるということです。不断水工法を行えば他人の暮らしを妨げることなく上下水道工事を行うことができます。不断水工法は水道管内において通水状態のまま分岐設置やバルブ設置をすることができます。もともとは上水道の給水分岐を断水させずに施工するために開発されましたが下水道菅においても空気弁を追加したり、バルブの追加設置などに利用されています。

不断水工法の採用により、事前の周知作業、断水により暮らしに支障をきたさないように手配する給水車、工事完了後の配管内の清掃など大幅に作業工程を減らすことができます。必要な工事だからと断水や下水の利用制限を安易にしてしまっては他の人の生活のリズムを乱し、暮らしに支障を与えてしまいます。不断水工法はそのような支障をなくすために利用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *