水は私たちの暮らしに欠かせないものです。

生活の中では毎日、当たり前のように水道水を使っています。それが実現しているのは、川などの水を浄水場で飲めるように綺麗にして日夜送っているからです。私たちの暮らしはそういったインフラのおかげで成り立っています。さて、浄水場から各家庭などに水道水を供給するために水道管を使っています。もちろんそのほとんどは道路などの下に埋められているので、それを普段の暮らしの中で見ることはありません。

ですが、時々道路を掘り返して工事していることを見かけると思います。そこでは水道などを工事していることもあるのです。そういった水道工事をする際、一般的には水の供給を止めなければなりません。いわゆる断水になります。断水になると途端に不便になり、生活の質が下がってしまいます。断水は生活を直撃するだけでなく、多くの商業活動にも打撃を与えます。ですので、夜間に行われることが多いのですが、そもそも断水をしない不断水で工事を行えないのでしょうか。

実は不断水で水道工事を行う方法はあります。既設の水道管から新しいものを接続する時には、不断水で行うことが出来る専用の器具があるのです。それを使えば断水することなく分岐工事を行うことが出来ます。この不断水での工事は分岐工事とバルブの交換などで行われています。日本全国で使われている水道管は現在、耐久年数を超えているものがたくさんあり、更新することが望まれています。取替えの工事でも不断水で行うことが出来れば、私たちの暮らしの質はより高くなりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *