最近では「断水」を経験することはほとんど無くなりました。

災害などを除く日常生活において、蛇口をひねっても水が使えないという不便な暮らしを余儀無くされることはほぼありません。断水をして水道管工事を行っていたのはひと昔前のことであり、近年の水道管工事では「不断水工法」が採用されています。不断水工法は読んで字のごとく、「断水をしない水道管工事」のことです。そのため、地域住民の暮らしに影響を与えることなく、適切な時期に部品交換を行ったり、修理や分岐工事を行うことができます。

不断水工法の手順は、コスモバルブ又は割T字管と仕切り弁を取り付け、仕切り弁が開いていることを確認してから穿孔機を取り付けます。穿孔機のカッターを前進させて既設管に穴を開け、穴が開いたら穿孔機のカッターを戻して仕切りを閉じます。穿孔機を取り外して分岐側の配管などを行い、完了したら仕切りを開けて水を流します。不断水工法はメリットが大変多く、地域住民だけでなく施工者にとっても画期的な工法と言えます。この工法の最大のメリットは地域住民の日常生活を妨げないことです。

断水をした場合は断水後に蛇口をひねると汚れた水が出るのですが、それも一切ありません。さらに、施工者にとってもメリットは多いです。まず、断水に関するお知らせをしなくても良いですし、給水車の手配も不要です。そして、工事完了後の水道管内の清掃が不要なので工事を短くすることができます。私たちの日常生活に全く影響を与えない工法のため、水道管工事に関心を持つ人は多くありません。しかし、不断水工法は人々の正常な暮らしを守ることができる優れた工法なので、ぜひ知っておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *