水道管の破損や水漏れなどのトラブルや、水回りの充実を図るための分岐や延長工事などを行う際は、従来であれば水道を元から止めて行うため、生活用水などを使うことができず普段の暮らしに支障がでてしまうケースが多くありました。

一般家庭でも困ることが多いですが、飲食店などが入っている商業ビルなどの場合は、一つのテナントの工事が全体に影響してしまうということもありました。このような水道工事に伴う不便を緩和し、普段通りの暮らしをしながら水道工事を行えるようにと考案されたのが不断水工法です。不断水工法の特徴は、バルブを付けたパイプを用意し、工事を行う部分を特殊な機会で掘削しながら接続することで生活用水を断水することなく工事が行えるという点です。

水道工事が生活に与える影響を最小限に抑えることができるので、普段通りの暮らしをしながら水道工事が可能になるということで、近年その需要が高まってきている工法と言えます。不断水工法を利用するメリットは、断水をしなくていいため生活に影響を与えないというだけでなく、元栓を止めて工事を行い、再び元栓を開けて水がきちんと流れるかという確認にかかる時間を短縮することができるため、工事時間が短くて済むという点にもあります。

工事をする場所で生活や仕事をしている人の暮らしを考えた新しい工法として、今後の水道工事の主流となっていくことが期待されている工法です。水道工事を検討しているなら不断水工法を覚えておいて損はないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *