生活をするうえで絶対に不可欠なものは水です。

蛇口をひねれば水が流れる暮らしはあたり前になっていますが、災害などで水が止まってしまった場合は、途端に日常生活が送れなくなります。こうした状況を経験したときに、水のありがたさを痛感するのではないでしょうか。日常生活で利用している水道水は、水道管を通って流れています。その水道管は金属製で出来ており、長年使い続けていますと錆や腐食が生じてしまいますので、定期的に水道工事をしなければなりません。水道工事中は、水が使用できなくなり日常の暮らしが送れなくなると不安に思う人はいるでしょう。

以前は、水道管を流れる水を遮断して工事が行われており、蛇口をひねっても水は流れてきませんでした。そのため工事する地域住民には、事前に水が使えない時間帯を知らせ、断水に備える水の取り置きの事前準備を促していました。しかし現在では、断水を気にすることなく水を使える不断水工事が行われるようになりました。不断水工事は、不断水分岐工法と呼ばれた方法で行われるもので、分岐用の道具を利用しているのが特徴です。水道管に水道水が流れている状態で分岐管やバルブを取り付けることができるため、断水にならないのです。

今はトイレも水洗になっていますので、断水になればトイレも利用できない状態になってしまいます。こうした現代の暮らしでは、水道水を止めて工事をすることはとても難しい状況なのです。水道の蛇口をひねれば水道水が出てくることが当然の時代に断水を強いれない中、不断水工事はすべての人に不自由のない暮らしを提供してくれているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *