従来、水道管の工事に際しては一時的な断水が必要でした。

しかし断水は日常生活に大きな支障をもたらします。そこで断水を必要とせず、通水状態のままで水道管の工事を行えるようにしたのが不断水工事です。不断水工事では、それ専用のT字管と専用穿孔機を用います。そしてそのふたつを用いて断水することなく、既設されている水道管から穿孔分岐することで工事を行うと言うのが主な方法です。なお不断水工事は上水道工事のために開発された工事法ですが、下水圧送管においても採用されています。

それでは不断水工事にはどのようなメリットがあるのかと言うと、最も大きいのはやはり断水を必要としないと言う点です。断水が必要となると一般家庭などにおいては水の備蓄が必要となります。また飲食業や宿泊業、医療施設、介護施設などでは、たとえ一時的とは断水によって本来の業に支障が出る恐れもあり、特に後者においてはこれが人の命に関わることも考えられます。そのためそうした手間、リスクが発生しないと言うのは大きなメリットです。

それから断水に伴う告知や給水再開の告知、給水再開時の水の状態などの確認が不要であると言うのもメリットとして挙げられます。特に断水を伴った場合、給水が再開されたからと言って即座に水が利用できるかと言うとそんなことはなく、赤さびが浮いていたりする可能性もあるので、その安全性を確認することが求められます。ですが不断水工事であればそのような恐れもないので、こうした点を踏まえるとやはりこの工事法は利点が多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *