真冬ともなると厳しい寒さの日には水溜りが凍っていたり、大きな湖に分厚い氷が張ることがあります。

それは流れがないから凍りやすいのだとも考えられますが、水の流れる所でも凍ることがあります。例えば、山奥の方の水量のある滝でも見事に凍って無数の氷柱がとても綺麗な光景を作りだすこともあるのです。いわゆる氷瀑というもので日本でもいくつかの滝で見ることが出来ます。気温が氷点下の温度になると流れていても徐々に凍っていってしまうのです。さて寒くなる地方では冬、水道管が凍って膨張し破損しないように僅かに水を出しておくのが生活上の知恵ですが、それとは真逆の凍らせた方がよいこともあります。

もちろん家庭内の水道管ではありません。水道の工事で行われる不断水工事というものの中に凍結工法というものがあります。不断水工事とは断水せずに工事をしたり、断水する地域を最小限に出来る工事です。具体的にはどういったものかといいますと、先ほどのように水道管を凍らせます。何を使用して凍らせるのかといえばマイナス196度にもなる液体窒素です。

水道管の中の水は一般的に常に流れていますが、管の周りがそれほどの低い温度に晒されるとしばらくすれば中が凍ってしまうのです。そのやり方で水を堰き止めている間に、例えば地中に埋められている古くなって水漏れが発生しているバルブなどを新しいものに交換出来ます。水が止まっているので噴出すこともなく容易に交換が出来るのです。それに地中に埋められている管は高い水圧にも耐えられるよう出来ているので、多少凍らせた部分が膨張しても大丈夫です。不断水工事の凍結工法はその他にもいくつかのメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *