不断水工事は水道の蛇口から水が出るのを停めないで工事をする工事方法です。

水道の蛇口をひねれば水が出るのは当り前となった昨今では、断水して工事をすることはなかなか難しくなっているといわれています。通水状態のままで工事をすることを希望する人々も増えており、そのような人々のニーズにこたえる形で不断水工事が注目されてきています。この工事では水道管から給配水のための枝管の取出しが行われるため、断水をせずに工事をするということが可能になっています。そのような工事の方法を分岐工法といい、このような工事では、通水状態を確保するために、管の切断部に仕切弁などを挿入して分岐させていきます。

不断水分岐の原理と工程については次のような方法があります。まず、水道の本管に割T字管を取付けて固定を行います。その後、仕切弁と穿孔機を取り付けます。仕切弁を開けて、本管を穿孔していきます。貫通したら仕切弁を閉じ、その後、分岐側の配管接続を行って、弁を開いて通水をします。

このようなプロセスによって、水が利用できなくなるということなしに工事を行なうことができるのが不断水工事の大きなメリットになっています。このような工事はマンションや工場などでも注目されており、そこで生活入している人々や水を用いた生産活動に携わる人々などの利便性を維持したまま工事を行なうことができるというメリットがあるのです。このように、この工事は通水を確保して行われる工事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *