現代の日常生活の中で、不断水工事の恩恵を身に染みて感じているという人はかなり稀と言えるのではないでしょうか。

何故なら工事をしていようがいまいが、水道の蛇口を捻るだけでいつでも水が出てくるという生活が当たり前になっているからです。しかし、ひと昔前まではそうではなく、水道工事があるとなると数日前からその旨を近辺に住む住人に通達し、それを受けた住民は工事中は断水となり水が使えなくなるため、生活のために必要な水を前もって汲み置きしておいたものでした。また、町の中で給水車の姿を見ることもありました。

不断水工事は、その呼び方のとおり水道の水を止めることなく水道管の取り換えや清掃等を行う工事の方法です。水道管の交換作業等は時間がかかるため、以前は水が使えない時間が長引くため住民は不自由を強いられていましたが、不断水工事の実現によって、住民は水の汲み置き等の作業をしなくても済むようになっただけでなく、給水車の手配や断水を伝える貼り紙等も必要なくなったので、人件費をはじめとする大幅な節約に繋がっています。

断水の心配をする必要がないので、工事も計画的に作業が進められるようになりましたし、以前は工事が終わった後でも、水道からは錆が混ざった赤い水がしばらく流れえていましたが、そういった不便もなくなりました。このように不断水工事は人々の生活をより快適にするための大きな役割を担っています。水が使えないと患者の命のやり取りに繋がってしまう医療機関では特にその大きなメリットを発揮しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *