不断水工事は水道の工事を行う際に行われている方法です。

ひと昔前までは水道工事を行う際には、数日前からの住民への告知や、給水車の配車、住民も断水の間に必要な生活水を汲み置きするなど大変な一大事であったと言っても良いでしょう。しかし、不断水工事もおかげで今日では水道の水を止めることなく水道管の交換や工事を行うことが可能となりました。

この水を止めないまま工事を遂行することができるという不断水工事は、経費の節減や人々の負担を軽減するといったメリットばかりのようですが、注意しなければならない点もあります。それは、水を止めないまま工事を行うことによって、万が一工事によって異物が水道水に混入されてしまった場合、その異物はそのまま人々が飲料水として使う水道に混入してしまうという点です。ですから、そういったことが起こらないように、作業をする際には十分に配慮しなければなりません。

通常、不断水工事を始める前には念入りな工具の点検が行われます。これを怠ると思わぬトラブルに繋がりかねないので、工具はひとつひとつ丁寧に点検されることになります。そして、工事の作業員には誤りがないように熟練した作業員が配属されます。不断水工事は、断水が起こらないために一般の人々の間ではあまり話題になることもないかもしれませんが、一般家庭や企業が安全な水を享受することができる裏側には、そんな水道会社の努力が隠れているということを覚えておきたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *