かつては、水道工事などを行うときには建物に入っている世帯に断水を呼びかけて行うことが主流でした。

しかし、その場合は一定時間水道が使えなくなるというデメリットが生じて上手くいかなくなってしまうケースが相次いでしまいました。そうした経緯から、断水をしなくても工事をすることができる方法を考案した結果誕生したのが不断水工法と呼ばれるものです。不断水工法を使用した不断水工事が業界の主流となっていったことによって、断水をしなくても工事を完了させることができるようになり作業効率が格段と向上するようになりました。さらに、不断水工事では事前に断水による告知をする必要がなくなり、さらには給水車の手配が不要となっていきました。

不断水工事は、新管への布設替えを快適に行いたい場合やメイン管を止めず枝管の工事を行う場合などに活躍しています。気になる安全性に関しては、不断水工事を行っている企業の中には安全・確実に施工するために様々な実験や点検を行う施設を有しているところもあり技術向上に取り組んでいます。そうしたところでは実際の現場とほとんど同じ条件下で実験することによって実際の現場を想定することが可能です。安全・確実に施工するためには欠かせない施設であることが言えるでしょう。不断水工事は、緊急性を要する状況下でも活躍することが出来ます。また配管の破損はいつどこで起きるとも限りませんのでそうしたケースでは全国どこでも対応することが可能な体制が整っていることもいえ、安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *