不断水工法は子育て家庭に優しい水道管の工事方法です。

日常生活を送る上で水道は欠かせません。もし何らかの不具合があればすぐに工事する必要がありますし、定期的なメンテナスも必須です。ただし水道管の工事は、基本的に流れている水を止めて分岐配管を行うことになります。

不断水工法ではなく普通の工法では作業中は当然水を使えないので、前もって浴槽に水を溜めておく準備などもする家庭もあります。水洗トイレの場合、水が流れにくくなるので工事が終わるまではトイレを使えなくなる不具合もあります。

日中留守にしている家庭なら問題ありませんが、子育て家庭で小さい赤ちゃんのお世話をしてるママにとっては一大事です。乳幼児がいる家庭では浴槽に水を溜めることは危険な行為になるので、予備のお水を準備することもままなりません。

工事中トイレに行きたくなっても乳飲み子を抱えていると簡単に外出することができません。しかも赤ちゃんはしょっちゅうミルクの吐き戻しなどで肌着やガーゼを汚しますし、手も洗わなければならないので水が使えない工事は本当に困ります。

1日何回も洗濯しなければならないのに、水が出ないために洗濯機を回すこともできないので洗い物もできずに不便です。しばらく赤い錆が出るので清掃が終わるまでは洗濯も我慢しなければなりません。

その点不断水工事は水を止めずに水道管の交換などを行うので、いつも通り生活を続けることができます。子育て家庭や高齢者、病気の人間を介護中のご家庭にも不断水工法はメリットが多い工事方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *