不断水工法とは上下水道の既設管内の水の流れを止めることなく配管工事を行う技術です。

不断水工法が普及するまでは、古いバルブを閉じて、水の流れを止めて工事を行っていました。古いバルブには赤サビが付着していることが多くあります。水の流れを止めるためにバルブを動かすと赤さびが剥がれてしまい、水が赤く濁ってしまいます。

新しいバルブへの交換工事や分器官の設置工事などの後に配管内の清掃が必要になってきます。また工事現場の近くにバルブが無い場合には、広範囲で水の流れを止める必要も生じてきます。広範囲の断水は周辺の住民への告知や給水車の手配などが必要になってきます。不断水工法ならば水の流れを止めないわけですから、それらの作業が不要になりますので、そういった付帯作業や配管工事自体の時間短縮にもつながります。

工事時間の短縮は人件費などのコストの削減もできるというメリットもありますので、現在では様々な配管工事で広く採用されています。不断水工法には2種類の工法があります。「分岐工法」と「凍結工法」がそれにあたり、どちらも上下水道の配管工事に採用されています。分岐工法は、割T字管と仕切弁、穿孔機を使用して機械的に穴を開ける工法になります。凍結工法は、液体窒素を使うことによって作業箇所の両端を凍結させます。凍結部分がバルブの代わりになり機能します。

2つの工法ともに古いバルブを動かすことなく作業ができます。不断水工法にはメリットも多いのですが、事前の工具の点検や熟練した作業者が工事を行うなど、安全に十分に配慮して作業を行うことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *