不断水工法は大規模エリアの水道管を交換する時にぴったりな工法です。

何らかの事情で水道管などを新しいものに換えなければならない時、もし個人に引き込まれている水道管なら断水措置を一時的に行った上で施工するパターンが一般的です。個宅の場合なら規模も小さく、断水する時間も短くて済む上、本人の了承も得やすいので断水してもさほど問題になりません。

ところが、大型施設で交換する水道管も大きいものになると、断水工事は簡単ではありません。施設の他、マンションや地域一体に広がっている水道管を工事する場合などは、断水する期間も長くなりますし、告知に気付かなかった住人とトラブルになることもあります。工事を行う範囲内に産業用途で使っている水道がある場合も厄介です。一般の住宅のように手軽に水道を止めることができませんし、断水によって操業に多大なる影響が及ぶこともあります。

そんな時に活躍するのが断水せずに工事を進めることができる不断水工法です。通水を継続しながら工事を行うので、断水時間は実質的にゼロ分で済む画期的な工法です。不断水工法は分岐工法と凍結工法の2種類あるので、状況に応じて使い分けます。最初に開発されたのは分岐工法で、1959年から施工されました。

いずれにしても、住人と建物が密集する都市部の水道管工事では欠かせない工法です。分岐工法と凍結工法が採用されてからは周辺住人とトラブルになることも大幅に減り、経費削減にも役立っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *