水道管を断水することなく工事の施工を行う不断水工法は新しい技術のように思われがちですが、1959年ごろにはすでに開発されていました。

それでも昔は断水して行う工事が広く採用されていて、その施工方法を不都合に感じる人も少なかったため長年行われることになりました。水道以外に水を得られる井戸などを持っている家庭が少なくなり、工場や会社に家庭でも水道が必須な時代になってからは、断水して行う工事は不利益につながるとともに苦情も多く寄せられるようになってしまいます。

コスト削減に時間短縮が求められるようになったこと、技術開発が進みより不断水工法を行いやすくなったこと、専用の部品を製造するメーカーが増えたことなどにより不断水工法は広く取り入れられるようになりました。

講習会等が定期的に開催されるようになったことで、不断水工法の知識と技術を習得し実際の現場で施工することができるようになった職人の数が増えたことも広く行われるようになった理由です。T字管と専用穿孔機を用いて分岐したり、インサートバルブを挿入設置したりするときは多くの場合、断水する必要性がなくなりました。

管の口径が大きいほど確かな技術が必要で、講習会で習っただけでは不十分であり、社内でも模擬施工を行うなどして技術を高めていかないと現場でスムーズに不断水工法ができない可能性があります。新しく企業に就職し現場に配属される新人だけでなく、ベテランの職人も繰り返し手順を確認し覚えることが失敗するリスクを減らします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *