地下鉄や地下街などの開発が進む都心は各種配管が輻輳、あらゆる条件の中で水道管の分岐や補修、移動などを不断水で行う会社が多くなっています。

断水することなく、管路の分岐や切り回しを行う不断水工法は、流れを止めずに各種配管のメンテナンスや修理、交換、新設などを容易に行えるようになっています。不断水工法は施工を行う企業がそれぞれ独自に開発を行っているもので、使用する器具などは様々です。どのような工法が一番良いのか悩む人も多いかと思われますが、工事の依頼については経験や実績を多く持っているか否かをチェックしておきましょう。

現代は、蛇口をひねれば水が流れて来くるわけですが、昔は井戸を掘り、水を汲み上げて利用していました。井戸の場合は水が涸れてしまえば使用することは出来ませんが、水道の蛇口はいつでも給水が可能です。但し、水道工事が実施されると断水になるので、水が流れなくなります。

現代のトイレは水洗が主流ですから水が流れて来なければトイレも利用出来ない不便さもあるわけです。不断水工事のメリットはそのまま水道を使い続けることが出来る点ですが、単に断水をせずに工事を進められるメリットがあるだけではありません。

貯水槽などに新しい旧水路を設ける時など、配管を通すためには一旦内部の水を抜かなければなりません。溜めてある量が多ければ多いほど時間やコストもかかりますが、不断水工法を使えば水を抜かずに新しい配管の設置などを行えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *